サービス

業界初!オンラインでダイバーシティの成果を見える化
Diチャレ!で、研修の学びを実践・行動、そして定着へ

クオリアでは、年間100社以上からダイバーシティや女性活躍推進、働き方改革に関するご相談を受け、組織の課題に即してより効果を実感できる研修・ワークショップをご提供して参りました。
しかし、「社員の成長を期待して実施した研修‥でも、効果は一時的」「受講生の研修後の継続的な行動を期待したが、変化が見られない‥」といった悩みを聞くことも多々あります。終了後の行動宣言や課題設定、フォローアップ研修などを行ってもその効果は限定的です。

クオリアが専門とするダイバーシティ研修や女性のキャリア研修は、日頃の意識づけや継続的な取り組みが特に必要な分野です。

学習内容が定着する学び。
行動の変化につながる学びとは何か。

そんな苦心の先に生まれた研修が、クオリアのダイバーシティ・オンライントレーニング、Diチャレ!です。

オンライントレーニング Diチャレ!

 

Diチャレ!の概要

  • コミュニケーションツール(Habi*Do)を活用し、8週間オンライン上での学びや実践を促進します
  • Habiボタンやスタンプ、バッジなど楽しい仕掛けでやる気を引き出します
  • ダイバーシティの専門ガイドが付き添いコメントや助言を行い、行動をサポートします
  • 期間中、2回程度のオンラインミーティング(テレビ会議)を通して、進捗状況の確認や実践の共有を行います

 

Diチャレ!の効果

1.研修の"学び"を現場の仕事につなげる反復学習

人間は忘れる生き物です。エビングハウスの忘却曲線によると、人間は20分後に記憶の42%、1日後にはさらに74%を忘れてしまいます。研修やセミナーでの学びも、時間ともに人間は忘れてしまうのです。

研修の学びを忘れないためには何が必要か。

それは、オンライントレーニングによる反復学習です。


エビングハウスの忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線よりクオリア作成


Diチャレ!は、オンラインで研修の動画やテキストを何度も見返すことができます。学びを反復することで、知識の定着率は3~4倍に向上にします。

2.「自ら体験」「教える」学びあいの体験で効果を実感

アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)の研究によると学習定着率は「自ら体験するとき」、「人に教えるとき」に最も向上します。


ラーニングピラミッド

ラーニングピラミッド(出典 The Learning Pyramid, America, National Training Laboratories)よりクオリア作成


仕事の空き時間をつかって、気軽にできるオンライントレーニングであれば、研修後も「自ら体験」「人に教える体験」を継続することができます。Diチャレ!には、研修後の体験を後押しする目標(アクション)機能、受講生同士・ガイドとの教えあいを促進するミーティングボード(掲示板)があります。

3.専門のガイドが丁寧にサポートし実践の伴走者に

従来のeラーニングは一方的な知識付与型の研修手法ですが、Diチャレは双方向型です。
ダイバーシティや女性活躍推進のプロフェッショナルがガイドファシリテーターとして伴走し、励ましや助言を行うことで、より受講生のやる気を引き出し学びや気づきを促進します。

Diチャレ!の詳しい説明はこちら

Diチャレ!は、研修後の学びを定着・仕事での行動変容までつなげます。

 

Diチャレ!の導入モデルプラン

標準的なプランとして、管理職向けの「集合型 多様性マネジメント研修1日」+「8週間の職場実践期間(オンライントレーニング)」のプログラムをご用意しております。

また、女性活躍推進やリーダー養成研修などのフォローアップとして、簡易版の「Diチャレ!ハビタント」もご用意しています。「Diチャレ! ハビタント」は、女性社員の目標達成や日々の行動促進、女性社員同士のネットワーキングや、リーダーシップ開発などに着目した内容となっています。

個別の企業様の課題やご希望に合わせて、最適なプログラムをご提案いたします。まずはお問い合わせください。


Diチャレ!の導入モデルプラン

お問い合わせはこちら