対談

「未来の一歩先を行くために~D&Iが企業を強くする!」①はこちらから


パシフィックコンサルタンツ株式会社のダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)を牽引しているのは、D&I推進室長の飯島玲子さんです。2013年、ダイバーシティ推進室(現・D&I推進室)の立ち上げと同時に室長に就任した飯島さんは、D&Iに関する様々な情報収集を行いました。そのなかで荒金の著書「多様性を活かすダイバーシティ経営-基礎編」と出会い、すぐに相談に来社され、それ以来クオリアと連携しながら、自社のD&I推進に取り組んできました。その後の活動はめざましく、ほっそりした姿からは想像できない行動力と巻き込み力で、多くの施策を実現。その原動力はどこにあるのか、飯島さんの4年間の取り組み実現への想いを語って頂きました。


左:パシフィックコンサルタンツ株式会社D&I推進室長 兼 PCIGグループ経営企画部企画室 飯島玲子様
右:株式会社クオリア 代表取締役 荒金雅子


クオリアのHPリニューアルを記念して新たに始まった、ダイバーシティ対談。
最初にご登場頂くのは、パシフィックコンサルタンツ株式会社と、その持株会社であるパシフィックコンサルタンツグループ株式会社の代表取締役社長高木茂知様です。クオリアは、パシフィックコンサルタンツグループ株式会社様と、2014年10月にアドバイザリー契約を締結し、4年以上にわたり、D&I推進を支援させて頂いています。
グループ企業の中でD&I経営を牽引するパシフィックコンサルタンツ株式会社様は、2017年、ダイバーシティ経営企業100選に選ばれました。そのトップがめざす持続可能な組織とはどのようなものでしょうか。”多様性の受容”の真の価値とは。女性活躍の一歩先を目指した取り組みについて伺いました。


左:パシフィックコンサルタンツグループ株式会社 代表取締役社長 高木茂知様
右:株式会社クオリア 代表取締役 荒金雅子