クロスロードダイバーシティ編

ダイバーシティ&インクルージョンの理解・浸透を促進するカードゲームです。多様性がある中でおきる悩み、ジレンマ、深刻になりがちな内容をゲームにすることで、楽しみながら、より深く対話を促進する画期的なツールです。

ゲームの参加者が、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOか、自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら進めます。

<クロスロードとは>

「クロスロード」は、阪神・淡路大震災(1995 年)後に行われた「大都市大震災軽減化特別プロジェクト」(文部科学省)の成果として2003年に作成された防災ゲームです。神戸市職員に対する膨大なインタビュー調査に基づき、矢守克也氏(京都大学教授)、吉川肇子氏(慶應義塾大学教授)、網代剛氏(産業技術大学院大学教授)らによって開発されました。
現在では、リスクコミュニケーションツールとして、「防災編」「感染症編」「食品安全編」「学校安全編」「心のケア編」など多くの分野で活用されています。

<クロスロードのコンセプト>

①誰もがわかる(ルールを最小化し人や場所を選ばない)
②誰もが楽しめる(誰もが意見をいえる、多数派、少数派の意見を聞きやすい)
③誰もがためになると思える(多様な視点への気づきや当事者意識の醸成)

また、クロスロードの役割は、誰もが遭遇するかもしれないジレンマ(悩みやこだわり)を言葉にして伝え、多様な人がいて多様な答えがある、ということを共有する点にあります。

「クロスロード」および「CROSSROAD」はチームクロスロードの登録商標です。
「クロスロード」商標登録番号第4916923号「CROSSROAD」商標登録番号第4916924号
詳しくは、内閣府防災情報のページをご参照ください
内閣府防災情報のページ

<クロスロード ダイバーシティ編とは>

ダイバーシティ編は、組織の多様性をどのように理解し、活かしていくのか、ダイバーシティ&インクルージョンについて楽しみながら考えるゲームです。
クロスロードの開発者の一人である、慶應義塾大学 教授 吉川肇子先生にアドバイスを頂きながら作成しました。
多様な人が働く職場では、異なるアイデアや意見から新しい可能性を発見したり、違いを活かし協働創造がおこるなどのメリットがある一方、対立や衝突、ジレンマなどのコンフリクトも生まれやすくなります。
キャリアや育児、介護、障がい者雇用、LGBT 対応など、判断が難しいケースを問題にすることで、ジレンマを自分ごととして考えると同時に、多様な価値観や考え方に対する相互理解を深めたり、正解のない問題に対して、考える力を養うことが可能となります。研修やセミナー、イベントの場など、様々な場面でご活用ください。

カードゲーム「クロスロードダイバーシティ編」

<商品内容>



1.「クロスロードダイバーシティ編」
     カード一式 20人分
  (5人分×4セット)
①問題カード(10枚×20人分)
②YES・NOカード(各1枚×20人分)
③青座布団カード(40枚×4チーム分)
④金座布団カード(10枚×4チーム分)
2.ゲームの進め方解説書 1枚
3.使用にあたっての留意点 ※上記写真には入っていません 1枚 
4.クロスロードダイバーシティ編オリジナル巾着 
  (購入いただいた方全員にお付けします)
1枚
商品およびその付属品に印刷されているデザイン、文章、ロゴ等著作物の無断使用は固くお断りします。
商品のデザイン、仕様、外観、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
サイトの商品写真と実物では色彩が異なる場合があります。
商品の利用上の留意点について、ご確認の上、ご購入ください。

9,800円(税別)


<手作り布座布団について>

さらに本格的に楽しみたいという方には「布座布団セット」も別途、ご用意しております。
 本布座布団は、京都府城陽市の「精神保健福祉をすすめる会 野の花」の皆様が、
 一つ一つ手作りで制作したものです。


 (注)写真は1セットです(金5個・青20個)

内容 布座布団(青座布団20枚・金座布団5枚)×4セット=100枚
価格 15,000円(税別・送料無料)

15,000円(税別)


<単体販売について>

破損・紛失などで追加注文をされたい方は、下記の通りお申し込みください。


クロスロードダイバーシティ編カード
1セット(5人分)
2,500円(税別・送料無料)
布座布団
1セット(5人分)
4,000円(税別・送料無料)

単体での購入を希望する


お電話でのお問い合わせ

06-6125-3360

月曜〜金曜 9:00〜18:00(土日祝休み)